プラスアルファS

ストレスに良いと思うこと、趣味の話をしていきます。

人間性が高くなると、いいことがありますよ。どうするかわかります。

f:id:sensitive_note7:20200124174114j:plain

人間関係の中身で好感を得るには!人間性が大切ですよ。
人間性を磨くとレベルの高い人と関われる確率が高くなりますよ。

同じレベルの人とつるむのは楽ですし、いつのまにかレベルの高い人と仲良くなれたりしますよ。
この記事を読めば何をすると人間性が高くなるかわかります。
 
 
 
人を否定することを言わない
 

普通に話すことだと思いますが。
人を否定すると、その否定が自分にも当てはまっていたりする場合があり、その否定したことに自信がなくなってしまいます。そうすると行動したい場面で否定したことが原因で行動できなくなります。

悪口を言うよりも、ほかに良い部分を誉めましょう。
例えば
「あいつは○○はできないけど、○○な部分があるから良いと思うんだ。」とか言うと、周りからも、あの人は良いとこ見つけるいい人とか人間性があると思ってもらえます。
仕事場ではグループをまとめるのにいいですよね。

たまに良いことを言うことにより、その人がこんな部分がいいとこなんだ、と認識して人間性が上がる場合もあります。
言いすぎると気持ち悪い人になるのでなるべくは言わないように。
 
 
 

レベルの低い相手とは張り合わない
 

話してて相手は話の意味が分からないせいか、逆に見下してくる人がいます。こういうことだよ。なんては教えません。何も言わないとそのまま馬鹿にされます。でもそれでいいんだと思います。

怒る気にはなりません。それは違うとか言い出したら、お説教する人とか思われますしね。レベルの違いを認識しつつ、自分からフェードアウトしましょう。

馬鹿にされても、黙っていると言うのは、わかる人にはわかるので、意外に美人さんやカッコいい方や人間性高い方に、人間性が高い人にみられる傾向があり好感を持たれますよ。
 
でも、いろいろ相手にやられた場合、ゆるせない、と思う方もいますが、ゆるしましょう。
そんな人のことを思っていてもイライラするだけです。

自分の人間性を高くするためにゆるしましょう。たいしたことない人を怒ってもしょうがないです。
起こった出来事を思い返してみてください。ほとんどが相手が自分に劣等感を抱いたり、勘違いで自分が正しいと言い張っているだけなのです。
たとえ自分の正しさの証明を相手にわからせたとしても、相手はますます感情的になるだけでしょうね。それどころか起こっていることがわからないと思います。
 
ゆるすことについて書いてある本があり、ゆるすことで得られるメリットや考え方が書いてあります。参考に読んでみてください。
 

f:id:sensitive_note7:20200124174140j:plain

 
 
ここで、ともすればやりがちかもしれませんが
 
 
 
ポジティブな環境でネガティブな人に相手にされると
 
 
ポジティブ系なイメージを好きな人が多い環境で、ネガティブ系を相手にすると。自分にポジティブな人間性があると、ポジティブ系が味方やファンになってくれます。
 同じレベルの方が仲間になるイメージですね。
 
 
 

どんな人でも困っていたら助ける
 

僕的には、助けることの循環ができたらいい世界になる気がします。
人はやってもらったことは人にやりますから。
 
僕が人に良いことをしたとすれば

道路で走ってる大学生くらいの普通の女性が電車の定期を落としました。周りにいた誰か拾うかな?と思っていたら誰も拾わないので、「これは定期を無くしたと知ったら絶望するだろうな。」と思い。僕が定期を拾い、走って届けました。
走ってから女性と歩幅を合わせて、「すいません、定期落としましたよ。」と言っても女性は無視して歩き続けました、ナンパされてると思ったのでしょう。3回くらい言ったら、やっと差し出した定期を見てくれました。
定期を受け取ってから女性は棒立ちしてましたね。僕は彼女に興味はなかったので歩き去りました。

彼女が誰かに良いことしてくれたらと思っています。
可愛かったら声をかけていたかと言うと、たぶんしませんね。相手から「あの!」って声かけられたら話します。
 

f:id:sensitive_note7:20200124174236j:plain

 

ポジティブな人間になりましょう、いろいろあったとしても、思い出すといい気分にはなれますよ。自己満足ではありますね。

そして、人間性のある人と思われ、魅力的に思われる可能性があがります。
 
やることを変えると自分の行動に違和感をもったりすると思いますが、違和感を繰り返し味わうことにより、最初は違うと思っていても、ここまでやってるんだからそうだよ!とか自己肯定とかしたりします。
人は良くも悪くも変わりますが、良くなっていきましょう。